健康や美容のための比較ポイントを確認しよう

青汁商品にも様々なものがありますが、特に人気が高いのが「乳酸菌が入った青汁」「極の青汁」の2つです。それぞれ特徴の異なる青汁ですのできちんと比較ポイントを把握した上でどちらを選ぶのか決めていきましょう。

 

原材料の比較

乳酸菌が入った青汁の原材料は大麦若葉となります。これに植物性由来の乳酸菌を加えることでより強力に腸内環境を整える効果を期待できます。便秘や軟便、下痢といったお腹の調子が悪い人に特に効果的です。

 

一方の極の青汁は大麦若葉に加えて明日葉を配合しています。大麦若葉は味をまろやかにしつつビタミン、ミネラルを効率よく吸収することができます。明日葉には豊富なビタミンEが含まれており、さらにポリフェノールを配合することで優れた若返り効果が期待できます。

 

こんな人におすすめ

乳酸菌が入った青汁は腸内環境を整える効果に特化しています。もちろん毎日の栄養不足を補うのにも最適です。そのため、お腹の調子を良くしたい、肌の調子が悪いといった方におすすめです。

 

極の青汁はポリフェノールや明日葉を配合することによって優れた抗酸化作用を実現しています。そのためアンチエイジングのため、そして野菜不足を補いたい方におすすめです。

 

料金の比較

乳酸菌が入った青汁は通常購入だと3430円、定期購入コースだと3290円となります。また購入する量が多いほど割引率が高くなっていくので、家族で飲むのに最適な青汁です。

 

一方の極の青汁は通常料金だと3600円、定期購入コースだと3240円となります。またまとめて便利なお得用サイズが90包入りで8100円とかなりリーズナブルになっています。

 

料金を比較してみるとどちらもほとんど同じような料金となっていますので、何を目的に青汁を飲むのかを考えた上で選んでいくようにしましょう。

 

>サントリー・極みの青汁はこちら<

乳酸菌が入った青汁

早速注文

商品の詳細情報・購入はこちら