最大の比較ポイントは使われている原材料の違い

人気の青汁「乳酸菌が入った青汁」と「えがおの青汁満菜」のどちらを選んだらいいのか悩む方も多いでしょう。両者ともに普段の野菜不足をしっかりと補える内容となっており、健康や美容のことを考えると生活の中に取り入れたいものです。そこでここでは乳酸菌が入った青汁とえがおの青汁満菜の比較ポイントを紹介していきます。

 

原材料の比較

乳酸菌が入った青汁の原材料は大麦若葉と植物由来の乳酸菌です。これらが毎日の野菜不足をしっかりと解消し、同時に腸内環境を整えることで体調を良くしてくれます。

 

一方のえがおの青汁満菜ですがこちらは原材料の数が非常に多いです。ベースとなるのが大麦若葉と長命草で、長命草は沖縄で古くから健康に良いと言われている植物です。非常に多くのポリフェノールを含んでいます。これらのほかに緑茶粉末、桑葉粉末、有機抹茶、モロヘイヤ、ゴーヤ、ケール、はと麦、アロエエキス、ゴマ若葉、明日葉が使用されています。いずれも有機栽培で安心できるものばかりです。

 

こんな人におすすめ

乳酸菌が入った青汁は野菜不足を補いつつ、腸内環境を整える効果があるためお通じに不満がある方や、デトックスをしたい方、健康的なダイエット目指している方に特におすすめです。

 

一方のえがおの青汁満菜は1日たったの1杯で野菜不足を補うことができるほどの栄養価になっているので健康作りにぴったりの青汁です。

 

どちらも非常に飲みやすい味に仕上がっており、水で割っても美味しく飲めますし、牛乳割りもおすすめです。また普段の料理にも利用できるなど応用が利きやすいのも特徴です。

 

料金の比較

乳酸菌が入った青汁は1個あたり3430円、定期購入コースで1個3290円となっています。まとめて購入することでさらに割引が適用されるので大人数で飲むのに最適な青汁となっています。

 

えがおの青汁満菜は1個当たり3000円、定期購入コースの場合2580円となります。いずれも全国送料無料となっているためコストパフォーマンスに優れているといえます。

乳酸菌が入った青汁

早速注文

商品の詳細情報・購入はこちら